健口を守り育てる歯科医院を目指して  since 1993              
055-981-4090

そう、大事なことは目に見えない

歯医者さんは「むし歯」を見ることはできない



皆さんは「おやっ」と思うかもしれません。

実は食事のたびに歯はミネラルが流出し、時間が経つとまた、歯にミネラルが戻ります。この動的状態を日々繰り返しているのです。

「むし歯」というのは歯のミネラルの出入りのバランスが

崩れたことを言います。

むし歯の穴は長期に渡ってカルシウムが流失するという結果、

穴があいたということなのです。

これは、こう例えるとわかりやすいかもしれません。

糖尿病という病気をご存じですよね。

ご存じの通り、血糖値が何らかの理由により高くなり、

免疫機能が弱くなり、不幸なことに場合によっては

失明したり、手足を失うことも在ります。

そうしたときに、壊死した体の一部を切り取っても

決して、糖尿病が治るわけではありませんし、

体の一部を失うことにより機能を損なうわけです。

また、糖尿病を診断するには外見を見て判断する訳ではありませんね、

血液検査などで診断するわけです。

同じようにむし歯も考えてください。

むし歯の穴は、

最初、ツルツルだった歯の表面がミネラルが流失することにより

    表面が「磨りガラス」のようになり

        中が「スポンジ」のように溶け出し

           ガラガラっと崩れて

             初めて穴が開くのです

そこには、プロセスがあるのです

ミネラルの収入と支出を家計簿のように判断してむし歯を評価するという

非常に内科的な病気なのです。

ですから、「むし歯」は目には見えないのです。

また、私たちは、穴の深さだけでは評価しません。

でも、都合がよいことに、日本の保険医療では穴があいて

はじめて、「むし歯」という診断がつきます。

それまでのプロセスは「予防」と、とらえ疾病保険の対象として

いないのです。

それは、あたかも、ガンが外へ体の外へ見えるほど進行して

からはじめて、ガン治療を開始するようなものです。

  穴が開く前にむし歯の基本的な診断や治療をしたいと考えます。


シャーマンの弟子

現実から目を背けることはできても、逃げることはできません。

治る、治す、治せない・・・歯科医療の言葉を再定義します。



例えると、風邪をひいたけれども、熱が下がって元気に仕事に出かけた。

包丁でちょっと指を切ってしまったけど、数週間後には傷が癒えた

これは、治ったといってもいいと思います。24時間不眠不休で治したのはもちろんあなたの体自身・・・・・

その一方、不幸にして交通事故で足を切断・・・義足をしての退院となったら

はたして、あなただったら「治った、治った」と喜ぶでしょうか?

だとしたら、歯の治療はどちらの「治った」でしょうか?

歯科医師は、歯の種を植えたりすることもできませんし、

むし歯の穴に向かって呪文を唱え、

歯を元通りふくらませることはできません。

もし、将来そのようなことができるようになった時

わたしたちは、胸を張って「治しました」と言えるでしょう。
 



クリティカルシンキング

あったら怖いこんな病院



もし、あなたが腹痛を訴え、初めていった病院でこんなことがあったらどうしますか?

診察した医師が、お腹をちょっとみたあと

「多分、盲腸でしょう~ 今から、手術をしますので、隣の手術台に乗ってください」

あなたはおとなしくその場で手術に応じるでしょうか?

いや、きっとこういうに違いありません。

「先生、検査しなくていいのですか?」と・・・・・

振り返って、歯医者さんではどうでしょうか?
「あー、奥歯、むし歯が進んでいますね。今から詰めますね。」

「そうですか、気が付きませんでした。せっかく仕事を休んできたので
ついでに治してください。」

そうです。そこには 診査→検査→診断→処置 という流れがないのです。

では、今まであなたは歯医者さんでどのような検査をしてもらったことが
あるでしょうか?

レントゲン、歯ぐきをチクチクする歯周病の検査、もちろん肉眼で見ることも
大事な検査ですよね

実は、お医者さんで血液や尿を調べるように
歯医者さんでは「唾液」を調べるのです。ご存知でしょうか?

唾液が消化のために大事な役割を担っていることは、

よく知られていますが最近、唾液の研究が進み、

消化以外にも様々な働きをしていることが明らかになってきました。

虫歯や歯周病から歯を守る働きがあるのです。

むし歯体質だと思っているあなた!

慢性の病気では自分の体を知ることから病気のコントロールが

始まります。



箱からの脱出

自己欺瞞

得意なこと、得意でないこと
できること、できないこと
そして、やりたいこと、やりたくないこと



 わたしたちを取り巻く環境は村で一軒の歯科医院ではありません。

日本で一番の歯科医院だなどと嘯くこともいたしませんし

八方美人でもありません。

でも、やりたいこと、やりたくないことは明確にあります。

やりたくないこと:

  短時間に大勢の患者を診察すること

  お待たせすること

  子供の治療
  (予防すれば必要ないですし、第一お子さんたちに嫌われたくないです。
   将来の歯医者さん嫌いの予備軍を作っている罪悪感に襲われます。)

  他力本願の方とのおつきあい

  他人の人生の責任をとること
  (感染予防をしないということはこういうことだと考えます。)

やりたいこと:

  顕微鏡を使った 精密治療(決して趣味の世界ではありません)

  悪いところだけの処置だけでなくお口全体の予防
 
  笑顔でお帰りになっていただくこと

  思いをはせること・・・・