健口を守り育てる歯科医院を目指して  since 1993              
055-981-4090

原因は「今」にあります

歯は老化で失うのではありません。



 私たちが「予防を基礎とした医療」を行っているには訳があります。

現在の日本の歯科医療は日本人の健康に

役立っていないことを知ったからです。

もう少し具体的にいうとむし歯は削って詰めただけでは、

穴はふさがったかもしれませんが、

むし歯という病気の原因は改善していないのです。

その結果、再発し何度も削り詰める、かぶせるを

繰り返しするうちに健康な歯を失っていくのです。

歯周病に関しても多くは見過ごされ、

歯ぐらぐらするような重傷になり初めて気づくという有様です。

その結果、年をとると多くの歯を失い、

食事という最後の楽しみさえ奪われているのが現状です。

歯を失うのは老化と同じく避けられないものだと誤ってとらえられていますが、

歯周病はむし歯という病気にかからなければ100歳以上は

歯の寿命はあるのです。

しかも、その病気もほぼ予防できることが現代の医学では証明されています。
 


そこで提案です

歯科医院との付き合い方を変えてみませんか?

提案1 検査を受けてみませんか?



検査をしないでいきなり手術をすることはありませんよね。

ところが歯医者さんではどうでしょう?

今までにむし歯の検査を受けたことがありますか?

検査をすることによって病気の原因を調べたり、

治療方法を考える参考にしていきます。


私たちはガムを噛むだけの簡単な検査をしています。

歯を削る前にむし歯の原因を調べ改善すること
がずっと大事だと考えます。

提案2 かかりつけの「歯科衛生士」を持ちましょう



あなたの健康を守るサポーターは歯科衛生士です。

お医者様に内科医と外科医がいるように

歯科でも歯科衛生士と歯科医師がいます。

歯を削ったり抜くのが外科を担当する歯科医師、

細菌を除菌やケアをし内科的なアドバイスをして

病気そのものにアプローチするのが歯科衛生士。

先進国では多くの方はかかりつけの歯科衛生士をもっているのです。


提案3 定期的にお口の除菌をしましょう



 慢性の病気である歯周病やむし歯は治ったらおしまいではなく、

高血圧や糖尿病と同じく、コントロールするという発想が大事です。

悪いところをあら探しする「検診」という考えから、

お手入れをサポートし、健康を維持するためにプロのケアを受けましょう。
歯肉の中や歯の間などリスクの高い場所は歯科衛生士さんに手伝ってもらいましょう。

学校の試験ではないので二人三脚で満点をとれば良いと私たちは考えます。


治療費はこちら治療費はこちら

☆院長ブログ新開設☆